興信所の銀行口座・預金調査にかかる予算(料金・費用)の相場

興信所の銀行口座・預金調査にかかる予算(料金・費用)の相場情報

興信所では銀行口座調査と呼ばれる調査を利用することができます。妻や夫が隠している口座があるのかどうか知りたい、お金を貸した相手の銀行の口座を特定したいなどの理由で銀行口座調査を希望する方が多いそうです。また口座の中に預貯金がいくらあるのか知りたいというかたは預金調査を利用することもできます。

 

特に離婚を考えている方が財産分与をスムーズにするために調査を行う場合が多いです。また夫に生活費をもらえないという方や旦那の給料がいくらあるのかわからないという方が預金調査を行うこともあります。銀行口座調査にかかる費用の相場は1件あたり六万円から十万円です。多くの興信所で成功報酬を取り入れていますから、口座がみつからなかったという場合は料金は安くすみます。各興信所のホームページを確認すると、ゆうちょ銀行については値段が上がるようです。具体的な成功報酬の条件や予算については見積もりを取るなどして確認しておくとトラブルがありません。

 

お金を貸した自分物がいつまでたっても返済してくれない場合、差し押さえを考える方も多いです。そういった場合にもこの預金調査が活用されています。財産や資産がいくらあるのかはっきりさせることで対応が取りやすくなるため、たくさんの方が貯金額を知りたいと相談に訪れていますよ。離婚の際の養育費や慰謝料なども預貯金がなくてはもらうことができません、離婚をする前に確認しておきたいという方はぜひ興信所に相談してみてくださいね。

 

⇒興信所の無料相談・見積もり依頼窓口