興信所の戸籍謄本・住民票調査にかかる予算(料金・費用)の相場

興信所の戸籍謄本・住民票調査にかかる予算(料金・費用)の相場

金額はいくらかかってもいいから戸籍謄本を手に入れてほしい、住民票を確認したいという相談が興信所に寄せられることがあります。配偶者や同居する家族の戸籍謄本や住民票は本人でなくても条件によっては各市区町村で問題なく取得することができます。しかし夫や妻の不倫相手を調べてほしいですとか、息子の婚約者の書類を取得してほしいといった相談が寄せられることも多いです。

 

興信所ならばそういった書類を手に入れることができると考えている方も多いです。しかし実際には興信所単体でこれらの書類を手に入れることはできません。第三者が対象者の戸籍謄本や住民票を手に入れるには弁護士や司法書士に依頼するのがスムーズですが、これも正当な理由があるかどうかの判断に左右されます。もし、興信所に問合せをした時に手に入れることができるという答えが返ってきた場合は、どのようにして手に入れるのかその方法について確認しておくとトラブルを防ぐことができます。

 

請求に関する値段の相場については、取得が難しいことからはっきりしていません。どうしても手に入れたいという場合は実際にいくつかの興信所に問い合わせをするのがベストです。料金についてもどの位かかるのか聞いておけば安心ですし、取得方法の確認も忘れないでくださいね。不正に取得した証拠については裁判などで利用すると証拠としての価値が下がってしまう可能性が高いので注意が必要です。また、不倫や浮気などに関する調査や結婚調査なども考えている場合は調査費用も合わせて聞いておくと予算がたてやすいです。自己判断が難しい場合は気軽にプロに相談してみてくださいね。

 

⇒興信所の無料相談・見積もり依頼窓口