興信所の住所特定調査にかかる予算(料金・費用)の相場

興信所の住所特定調査にかかる予算(料金・費用)の相場

住所特定を行う住所調査は素性のはっきりしない恋人や従業員、配偶者の不倫や浮気相手に対して調査を依頼する方が多いです。特に浮気調査の一部として住所調査を利用する方はとても多く、決定的な証拠をつかむためには必要だと考えている方が多いそうです。

 

どういった情報から住所特定をするのか、ある興信所のホームページを調べてみると、電話番号、指名、生年月日、前住所、銀行口座、携帯電話番号、解約後の携帯電話番号、勤務先などがありました。調査にかかる費用についてはこれらがどの程度事前情報として提供されるのかによって違いがあります。例えば氏名や生年月日、電話番号などがわかる場合ですと約七万円、情報量が少ない場合ですと約十万円ほどの予算が必要になるようです。具体的な値段に関してはケースにより異なりますから、事前に見積もりをとり金額を確認しておいてくださいね。

 

ある程度情報を提供できる場合、住所特定に関しては高くても十五万円までが相場と考えてよさそうです。しかしまったく情報がない状態に関しては興信所により料金に大きく違いがあるので注意してください。口コミサイトの書き込みでは元交際相手がストーカー行為を行っており、内容証明を送付するために住所調査を依頼したという方がいました。氏名や電話番号、メールアドレス、アルバイト先などから無事に住所を特定してもらうことができたそうです。

 

こういった問題はいかにスピーディーな対応ができるかも重要ですから、興信所をえらぶ時は数か所に相談をしてみるのがベストです。無料相談のできる調査会社も多いので、まずは気軽に問い合わせをしてみてくださいね。

 

⇒興信所の無料相談・見積もり依頼窓口